オリエントのネタバレ第1巻1話武蔵と小次郎

オリエントのネタバレ 第1巻1話「武蔵と小次郎」を感想を入れつつご紹介します!
週間少年サンデーで連載された人気少年漫画マギの作者大高忍先生の最新作です!
引き込まれる世界観がありとても魅力的な作品になっているので、是非とも一度読んで頂きたいと
思います!


オリエント1話「武蔵と小次郎」ネタバレ

冒頭より

かつて、日ノ本は人間の世界であった。

しかし、突如飛来した、未確認生命体「鬼神」によりそれは終わる。
名だたる戦国武将はことごとく討ち死に。

しかし、その「鬼神」の圧倒的支配に抗い戦い続ける物達がいた。

彼らは「武士団」と呼ばれた-・・・・

まず冒頭を読んで思ったのはアニメ銀魂と物凄く似ていますね( ゚Д゚)
それでは、進んで行きます!

主人公の武蔵

幼馴染と思うのですが鐘巻小次郎

二人は小次郎の父が話してくれた武士の話を聞き憧れを抱き剣術の修行に励んでいた!

二人が聞いた話というのは

鬼に立ち向かう唯一の戦士 それが「武士」!
町の外には「鬼」っていう化け物がいて日ノ本は鬼に乗っ取られている・・・
でも鬼をやっつける為に今も武士たちが戦い続けている・・・
日ノ本に自由をとりもどすために・・・・・

その話聞いた二人は

二人で武士になり町を出て協力して鬼退治することを誓うのでした!

 

それから5年の月日がたち・・・

武蔵15歳

武士を目指していた武蔵は鉱石を掘る「鉱夫」を目指す学校に通っていた!

それは何故か?

世界が狂い人間は鬼に支配され、鬼が守り神とされていた!
鬼は鉱石を食べるのでお供え物をするために「鉱夫」という職業がもてはやされていた
からである!

世の中では武士は大悪党というレッテル貼られていたのです。

しかし武蔵は幼き頃に小次郎の父の話を聞き、心では鬼が悪であり武士は正義と思っているが、
確信は持てず、多くの鬼を神と思っている人が正しいのかもわからずに皆に合わせて
嫌々ながら将来の夢は「鉱夫」になる事と言わされて生きている!

本当の気持ち  武士になりたいと言えずに・・・・

小次郎15歳

小次郎の家はぶしの家系であり今の世の中武士は大悪党なので周囲から冷たい目で
見られて育っており、学校には行ってないのですが、嫌々仕事をして人生を諦めたように生きていた!

そんな二人だが信頼関係は5年後でも続いている様です!

 

いよいよ来週に卒業を迎える武蔵はつるはし型の刀を持ち、このままでは鉱山に就職だから、本当の気持ちの幼い頃約束した二人で
町を出て「武士団」を作り鬼退治をしようと訴えるのでした。

武蔵は5年間、石堀りをしながら剣術の修行をしていたのでした!

しかしながら小次郎はこの5年間武士であることに差別され続け、武蔵には辛い思いはさせたくないため
冷たい言葉で断るのです!

武蔵は俺の本気を証明してやるって去っていきました( ゚Д゚)

武蔵が去った後の小次郎の言葉なんですが

お前には真っ当に生きて欲しいからよ・・・
いいんだ・・・・お前は鉱夫になれよ!兄弟・・・

小次郎が武士の家系で辛い思いをしたことと小次郎の武蔵への大事に思う気持ちが伝わる
シーンでした!

武蔵はとうとう鉱山に入山するのですが、それは小次郎に覚悟を証明するために門の奥の
鬼を倒す目的で入山したのです!

荷物は清める為に門の前で没収されます!

周りは相変わらず鬼を神扱い!

そしていよいよ門の中に入って行きました!
中に入るとお役人の態度は一転!
奴隷ども、鬼様の為に死ぬまで石を掘るように言われるのでした!

 

そして鬼の本当の姿がこれ・・・

 

皆が鬼が化け物であることにきずいたのです!

そして武蔵は鬼を退治する気なのですが門の前で刀を獲られたことにきずきます!

その頃小次郎の家では小次郎が一昨日武蔵が忘れていった荷物を見付るのでした!
それは修行帳です!
そして小次郎は武蔵が今でも剣術の修行をしていることみ気付いたのでした・・・

武蔵は素手で鬼に戦いを挑み滅多打ち状態になる。
そしてボロボロの中でやっと本当の気持ち  武士になりたいと言えたのでした・・・

鬼のとどめの一撃が入る所で・・・

 

小次郎が助けに来てくれます!そして鬼を見て小次郎も父の話が本当だったと思うのでした。
小次郎は武蔵のかたなも持って来てくれました!

そして「千旋裂斬剣」という技で鬼を真っ二つ!
武蔵は小次郎の想像以上に剣術を磨いていたのでした!

武蔵は小次郎にこう言います・・・・
これから死ぬほど鬼を倒して冒険して、てっぺんとった時
誰と喜びゃいいんだよ!!お前がいなきゃつまんねえー!!

二人で鬼退治を誓うのでした・・・